慢性閉塞性肺疾患(COPD)—たなかだて内科・呼吸器内科クリニック | 南町田グランベリーパークの2階でお待ちしています 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)-たなかだて内科・呼吸器内科クリニック | 南町田グランベリーパークの2階でお待ちしています

生活習慣病、禁煙、いびきなどでお困りの方はご相談ください

【診療時間】月火水金 10:00~14:00・15:30~18:30
【休診日】木曜・土曜午後・日曜・祝日

042-850-5027

【診療時間】10:00~14:00・15:30~18:30
【休診日】木曜・土曜午後・日曜・祝日

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、タバコの煙などの有害物質を長い期間にわたり吸い込むことで、空気の通り道である気道が狭くなる肺の病気です。徐々に進行する労作時の呼吸困難や咳・痰などの症状が出現することが多いです。肺気腫、慢性気管支炎とも言われます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)による死因は現在第10位であり、がんや生活習慣病と並び、今後取り組むべき重要な病気の一つとされています。NICE STUDYという研究では、40歳以上で約530万人いると言われています。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者では肺がんの危険性が3~6倍高いと言われています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、呼吸機能検査、胸部X線検査などを行うことで診断します。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療

ほとんどのCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は禁煙によって進行を遅らせることが可能です(なので禁煙治療は有用です)。インフルエンザワクチンの接種により、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の悪化頻度が明らかに減ることが知られています。肺炎球菌ワクチンもCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんに接種すると、肺炎の発生を減らすことができますのでおすすめです。薬としては吸入タイプの気管支拡張薬が中心です。様々なタイプの吸入薬があるので、症状に合わせた薬を提供させて頂きます。

呼吸リハビリテーションの重要性も知られています。また進行した場合には酸素療法(機械を用い、自宅で酸素を吸入する治療)、栄養管理も同時に考慮していきます。アドバイスもいたしますので気になる方はお気軽にご来院ください。